技術等級資格

大会実績に基づく認定基準

平成29年4月改訂

種別 大会名 技術等級
Ex Sp 1級 2級 3級 4級
一般男女 全日本選手権大会 32 *大会の権威:参加資格をSp以上とする
全日本社会人選手権大会 16 32        
全日本シングルス選手権大会 16 32        
東・西日本選手権大会 8 16 32      
各ブロック選手権大会 4 8 16      
各支部選手権大会(シングルを含む)   4 8 32   出場
各支部選手権大会地区予選         64 出場
成年 全日本社会人選手権大会 8 16 32      
東・西日本選手権大会 4 8 16      
各ブロック選手権大会   2 8      
各支部選手権大会     4 16   出場
各支部選手権大会地区予選         64 出場
大学 全日本学生選手権大会 8 32 64      
全日本学生シングルス選手権大会 4 8 16 64    
東・西日本学生選手権大会 2 16 32 64    
東・西日本学生シングルス選手権大会   8 16 64    
各ブロック学生選手権大会   8 16 64   出場
各ブロック学生シングルス選手権大会   4 8 64   出場
高校 全日本高校選手権大会 4 16 32      
ハイスクールジャパンカップ
(ダブルス)
4 16 32      
各ブロック高校選手権大会   4 8      
各支部高校選手権大会
(シングルスを含む)
    4 32   出場
各支部高校選手権地区予選         64 出場
各支部高校新人戦       8 32 出場
各支部高校新人戦地区予選         16 出場
中学 全国中学校大会   4 8      
都道府県対抗全日本中学生大会     4      
都道府県対抗全日本中学生大会
(シングルス)
    2 8   出場
各ブロック中学校選手権大会     2      
各支部中学校選手権大会       8 32  
各支部中学校選手権大会(地区予選)         16 出場
各支部中学校新人戦       2 16 出場
各支部中学校新人戦(地区予選)         8 出場
小学 全日本小学生選手権大会     2 8    
全国小学生大会(5年生の部)       4 16  
全国小学生大会(4年生以下の部)       2 8  
全国小学生大会(6年生の部)シングルス     2 8    
各支部小学生選手権大会         8 出場
各支部小学生選手権大会(地区予選)         4 出場
JOC杯 U-20シングルス 2 4        
U-17シングルス 1 2        
U-14シングルス     2 4    
ジュニア
ジャパン
カップ
U-20ダブルス 2 4        
U-17ダブルス 1 2        
U-14ダブルス     2 4    
U-20シングルス大会 2 4        
U-17シングルス大会 1 2        
U-14シングルス大会     2 4    
シニア関係 S-Ex S-Sp 1級 2級 3級 4級
シニア 全日本シニア選手権 4 8 16 32    
東・西日本シニア選手権 2 4 8 16    
各ブロックシニア選手権   2 4 8 16  
各支部シニア選手権     2 8 16 出場
各支部シニア選手権(地区予選)       2 8 出場

(注):出場数が15ペア(名)以内の大会には、4級を除き適用しない。4級は出場数に関わらず認定できる。

  1. 上記の認定基準は、各大会の出場数が最大認定数(一番右側の数字)の2倍以上の場合のみ適用される。
  2. 出場数が最大認定数(一番右側の数字)の2倍に満たない場合は、全ての認定数を1/2とする。
  3. 出場数が最大認定数(一番右側の数字)の1/2に満たない場合は、全ての認定数を1/4とする。
  4. 各支部における選手権大会と同等レベルの大会は、選手権大会の認定基準により認定できる。

 

認定料

技術等級 認定料
日本連盟 支部 合計
Master @20,000 @10,000 @30,000
Expert @5,000 @4,000 @9,000
Senior – Expert @5,000 @4,000 @9,000
Specialist @3,000 @3,000 @6,000
Senior – Specialist @3,000 @3,000 @6,000
1級 @1,500 @1,500 @3,000
2級 @1,000 @1,000 @2,000
3級 @500 @500 @1,000
4級 @500 @500 @1,000
名誉指導員 @20,000 @10,000 @30,000

○ 等級認定について
・Master(Ma)は、EXpert(Ex)・SeniorExpert(S-Ex)あるいはSpecialist(Sp)・SeniorSpecialist(S-Sp)の保持者のなかで、特にソフトテニス界に功労のあった45歳以上の者とし、支部からの推薦に基づき本部の選考によって認定する。
・SeniorExpert(S-Ex)・SeniorSpecialist(S-Sp)は、各種大会における年齢種別が45歳以上の部に適用される。
・Ex、Spは、検定会認定をせず、大会実績に基づき認定する。

※個人からの(公財)日本ソフトテニス連盟宛の直接のお申込みは受け付けません。
 必ず、支部技術等級担当者を通じてお申込みください